IPO支援・労務監査

E・パートナーズでは、株式上場予定や公開準備企業などの労務監査や、内部管理体制の構築支援も行なっています。上場にあたっては、労働基準法や労働安全衛生法などの法令事項をクリアしなければなりません。残業代の未払いなどがあれば、上場審査で支障をきたすこともあります。一度はしっかりと制度を構築していても、法令改正を知らずに放置していたために、陳腐化してしまっているケースもあります。

私どもは、社会保険労務士の専門分野である、労働・社会保険関係の法令順守状況の検証を行ない適正化を図ります。また、賃金水準や退職金規定、労働分配率など、人事労務の観点からの経営分析も実施。課題への対応、改善計画の企画・立案、実施のサポートをいたしますので、どうぞご相談ください。


労務コンプライアンスの観点からの監査の内容

労働基準監督署やハローワーク、年金事務所などが行なう監査に準じた内容での調査を行ないます。人事・労務に関する社内規定や労使協定の締結状況、規定そのものに法令違反がないかのチェック、制度の運用実態の調査、運用上の問題点を見つけ適正な実態になるようサポートいたします。

さらに、各社会保険の適用状況のチェック、適用者や適用期間の適正検査、算定基礎届や月額変更届が適正に実施されているかどうかの点検、助成金等の申請があればその内容や要件の充足などを監査します。

労務監査は、どんな企業においてもコンプライアンスにおける必須事項です。企業のリスク管理、企業体質の健全化、労務トラブルの未然防止など、E・パートナーズは専門的で客観的な調査により、お役に立てる支援を行ないます。





お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright© E・パートナーズ経営労務管理事務所 All Rights Reserved.