あっせん代理業務

「あっせん代理業務」とは、裁判によらない個別労働紛争に対し、社会保険労務士が会社の代理人として決着を図ることです。社会保険労務士なら誰でもできるわけではなく、専門試験に合格した「特定社会保険労務士」だけが代行することができます。E・パートナーズは、特定社会保険労務士を有しておりますので、労働問題が生じた場合にはご相談ください。


給個別労働紛争とはどんなのもか?

退職の強要、解雇、雇用契約の更新拒否、セクハラ、パワハラ、いじめ、賃金や残業代の不払いなどのあらゆる労働問題・職場トラブルが対象です。従業員から「あっせん申請書」が提出されたときに、特定社会保険労務士が会社の代理人として、納得できる決着を目指します。

裁判で解決しようとすると多額の費用と時間がかかるため、労使双方にとって負担が大きくなります。そのため、紛争当事者同士が和解を目指す「調整型」の解決制度としてできたものです。話し合いを通じ紛争の早期・円満な解決を目指します。あっせんの場は非公開ですので、労使双方のプライバシーは保護されます。

E・パートナーズができること

E・パートナーズは、あっせん代理業務として、あっせんの手続きについての相談、あっせん申立書の作成・申請、和解の交渉、代理人としての意見陳述、和解契約書の締結などを行ないます。

申し立てのほとんどは労働者側からのもので、ある日突然、紛争調停委員会から会社に連絡が入ります。紛争調停には強制力はないため欠席することもできますが、裁判に発展する可能性もあるため、出席するのがベターです。私どもは調停の場に同席し、双方の誤解や行き違いなどを整理・調整し、納得できる内容をアドバイスいたします。

「あっせん」は労使が対決する場ではなく、話し合いと歩み寄りにより納得し合う一つのツールです。万が一、事案が生じた時にはすぐに私どもにご相談ください。





お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright© E・パートナーズ経営労務管理事務所 All Rights Reserved.