公的給付金・助成金のコンサルティング

助成金は返済の必要がない公的な給付金です。一定の条件を満たす企業は申請をすれば助成を受けることができます。特に、会社の設立時や社員の採用時には活用できる助成金が多くありますので、経費節減や事業拡大のためには是非有効活用すべきでしょう。E・パートナーズは助成金のコンサルティングも行なっています。ぜひご相談ください。


助成金はどうして返さなくても良いのか?

「何百万円もの資金がもらえる」ということが信じられないという経営者の方もいらっしゃいますが、本当に返済する必要はありません。助成金の財源は企業が支払っている「雇用保険料」。失業給付のために使われるものですが、一部は助成金としても使われています。

財源が雇用保険なので、人を雇い入れる企業に対する助成策としての支給がメインです。既に人を雇っている会社だけでなく、これから起業して人を雇い入れる予定の会社が対象となるものもあります。雇用機会を創出することで失業対策となり、結果として国の支払う失業給付を減らせるため、国にもメリットはあります。「給付」にはこうした背景もあるのです。

助成金申請は社会保険労務士に相談を

助成金は返済不要なのでノーリスクで経営資金を獲得でき、これを活用して社員教育や研究開発などの投資をすることができます。また、国からのお墨付きを得られたことになり、対外的信用度がアップ、公的融資を受ける際にも有利になるケースもあります。

助成金にはさまざまなものがあり、3千種類程度あると言われています。その中から自社に合ったものを探し、申請条件にマッチするかどうかの判断をし、ややこしい申請書類を作成するのはとても手間のかかる作業です。経営者が自分で手続きをするのは大変なため、私たち社会保険労務士が申請の代行を行なっています。

E・パートナーズなら、その企業が申請可能な助成金をすぐに見つけ、チャンスを逃すことなくスムーズに申請することができます。助成金のご相談も、ぜひE・パートナーズへ!





お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright© E・パートナーズ経営労務管理事務所 All Rights Reserved.